塗装屋ブログ|岡崎市の外壁塗装・屋根塗装は【有限会社川口塗装】雨漏り修理、幸田町・豊田市他対応!

おかげさまで30周年 おかげさまで30周年
川口塗装は令和3年1月で創業30を迎えました。

〒444-2137愛知県岡崎市薮田1-18-4

0120-989-270
営業時間8:00〜18:00  年中無休

塗装屋ブログ

屋根カバー工法ってどんな工事?

2022.08.19 2022.08.19
塗装屋ブログ

こんにちは、鈴木です。外壁塗装・屋根塗装など家の保護で悩まれている方のなかで、屋根のカバー工法を考えている方もいると思います。

今日は屋根カバー工法がどんなものなのかを書いていきます。

屋根カバー工法

屋根カバー工法とは既存の屋根の上から板金などの新しい屋根材をかぶせる工事方法です。古い屋根と下地を剥がして処分する手間と費用が掛からない為、葺き替え工事と比べると工事が短い期間で終える事ができ、費用も抑える事が出来ます。

カバー工法

カバー工法は主に、スレート瓦に施工することが一般的です。古い屋根材の上に新しい防水紙を敷き、新しい屋根材をかぶせていくため雨漏りの心配は少なくなります。

カバー工法で主に使用されるガルバリウム鋼板は25年~30年程度の耐久年数を持っています。そのため今後のメンテナンスの機会や費用を抑えることができます。

しかし、カバー工法ができない屋根材などもあります。また、下地が過剰に傷んでる屋根に対してはカバー工法は出来ません。

雨漏りの心配を減らしたい方や今後のメンテナンスを減らしていきたい方などにはお勧めの工事になります。足場が必要な工事になるので外壁のメンテナンスのタイミングと合わせる事で足場の費用を抑えられます。

カバー工法を検討している方や気になる方はお気軽にお問い合わせください。

お見積もりのご依頼・お問い合わせは
お気軽にどうぞ!

関連記事