塗装屋ブログ|岡崎市の外壁塗装・雨漏り修理店【有限会社川口塗装】幸田町・豊田市他対応!

おかげさまで30周年 おかげさまで30周年
川口塗装は令和3年1月で創業30を迎えました。

〒444-2137愛知県岡崎市薮田1-18-4

0120-989-270
営業時間8:00〜18:00  年中無休

塗装屋ブログ

屋根塗装について

2022.08.03 2022.08.03
塗装屋ブログ

屋根は家の中でも厳しい環境にあり劣化が進みやすい箇所でもあります。

屋根材によって耐久性やメンテナンスにも違いがあります。

代表的な屋根材を見ていきそれぞれの耐久性やメンテナンス方法などを見ていきましょう。

瓦屋

瓦屋根は耐久性が高く、塗装などのメンテナンスは基本的に必要ありません。瓦が割れたりした場合のは差し替えなどが必要です。メンテナンスを必要としませんが、屋根の耐久性は高く50年以上の耐用年数になります。

スレート瓦

素材自体に防水性が無いため、塗装によるメンテナンスが必要になります。塗装のグレードにもよりますが10~15年程度を目安に塗替えが必要になります。塗装が出来ないスレート瓦もあるので注意が必要です。

ガルバリウム鋼板

メッキ加工された鉄の屋根材で耐久性が高く30年程度はメンテナンスも必要としません。色褪せなどは発生しますが耐久性が良くさびにくい屋根になります。30年程度経過した場合は、サビの防止等素材の保護のために塗装が必要です。

 

 

このように屋根の種類によってメンテナンスが必要な時期が大きく変わってきます。スレート瓦などは塗装が機能しなくなると屋根材自体が水分を含んでしまうため劣化が急速に進行します。

しかし、屋根は普段目の届かないとこにあるため劣化状況を確認することは難しいです。川口塗装ではドローンを使った屋根の診断を無料で行っていますので、屋根の状態が気になる方や屋根塗装を考えられている方はお気軽にお問合せ下さい。

お見積もりのご依頼・お問い合わせは
お気軽にどうぞ!

関連記事