行列のできるマイホーム塗り替え相談室|岡崎市の外壁塗装・屋根塗装は【有限会社川口塗装】雨漏り修理、幸田町・豊田市他対応!

おかげさまで30周年 おかげさまで30周年
川口塗装は令和3年1月で創業30を迎えました。

〒444-2137愛知県岡崎市薮田1-18-4

0120-989-270
営業時間8:00〜18:00  年中無休

行列のできるマイホーム塗り替え相談室

今、選ばれている塗料は?

2015.02.27 2018.02.05
ラジオ

【第15回 放送分】

今、選ばれている塗料は?

川口:今日が今年(2014年)最後の放送ですよね。
田野さん:そうなんですよ。ですから今年一年を振り返っていろいろとお伺いしていきたいと思うんですが、今年は新しい塗料についていろいろご紹介いただきましたね。
川口:そうですね。やはり今年一年を振り返ってみて、お客さまが選ばれる塗料の種類なんですが、機能性塗料を選ばれるお客さまがものすごく増えてきました。去年一年と比べて圧倒的に今年の方が多いですかね。
田野さん:では、この機能性塗料と普通の塗料、何が違うのかもう一度教えてください。
川口:このラジオでも何度もお話をしているんですが、数年前までは、ただ単に色を付ける、建物の寿命を延ばすために外壁の塗装をしている、美観を良くするために外壁の塗装をしている、ただこれだけ。
ということは、スタンダードな塗料、ここ10年で簡単に言うと、シリコン樹脂塗料というものをほとんどのお客さまが選ばれていたんですが、今年なんか特にそうですが、機能性塗料、塗るだけで夏の暑さ、そして冬の寒さを軽減することのできる遮熱塗料や断熱塗料、まあ、ここにもゲストで来ていただいた日進産業株式会社の断熱塗料ガイナ、ガイナという塗料を塗る方もたくさん出てきましたね。
田野さん:でも、ただ塗るだけでっていうのが不思議のように思うんですけれども・・・。
川口:そうですね。多いですよ、すごく多いです。
田野さん:ちゃんと機能するんですよね。
川口:そうなんです。もう一つは、ただ塗るだけで壁が汚れにくくなる、壁が汚れにくくなる塗料。これも光触媒という塗料の種類なんですが、当然機能性の塗料です。これを選ばれる方も、ものすごく多くなりました。
田野さん:やはりそれだけいろいろな種類も出てきたということですよね。昔からあったわけではないですよね。
川口:いろんな種類が出てきたのもそうなんですが、皆さまが情報を入れやすくなっていますよね。まあ、インターネットの普及って今年に限ってのことではないんですが、皆さん勉強されていますね、ものすごく勉強しています。自分の家にはどれがいいんだろう、我々の話を聞く前にまずはインターネットでお調べになって、その情報を頭に入れた上で私のところにご相談に来る方もたくさんいらっしゃいます。
田野さん:そうなんですか。でも、塗り替えするときはそれぐらい自分で下調べをしておいた方が・・・。
川口:絶対にいいですね、間違いないと思いますよ。
田野さん:でも、やっぱりそれだけ聞いてもどの塗料にしていいのか決められない方もたくさんいらっしゃると思うんですけど。
川口:あとは、当然のことながら、皆さん、値段ですね。
機能性塗料がいいことはみんな分かっているんですよ、やっぱり説明を聞くとね。いいのは分かっているんだけど、やっぱりご予算が合わないと。
だって、これはしようがないですもんね、こればっかりは。
ですから、今回はシリコンにして、10年後はお金をためてガイナにしよう、光触媒にしようという方もおみえになります。
田野さん:でも、どうせ塗るんだったら早めに塗りたいですよね。
川口:そうですね。まあ、家が傷んでからではあまりよくはないですよね。
田野さん:塗り替えというのは、汚れてきた、古くなってきた、時間がたったから塗り替えをするんだというイメージが何となくあったんですが、この機能性塗料の塗り替えというのは、例えば、新築にだって行うということですよね。
 
川口:まあ、新築ですから当然塗り替えではなんですけどね。当然のことながら、新築の時点では「外壁を光触媒、汚れない塗料で塗ってください」「夏のエアコンの節約に断熱塗料を塗ってください」という方は中にはいらっしゃるでしょうね。
田野さん:本当に塗るだけで光熱費を抑えられて、地球にも優しいですもんね。
川口:そういうことですね。
田野さん:では、今はそういったものを選ぶお客さまも多くなっているという。
川口:うん、多いです、本当に多いです。

お見積もりのご依頼・お問い合わせは
お気軽にどうぞ!

関連記事