塗装屋ブログ|岡崎市の外壁塗装・雨漏り修理店【有限会社川口塗装】幸田町・豊田市他対応!

おかげさまで30周年 おかげさまで30周年
川口塗装は令和3年1月で創業30を迎えました。

〒444-2137愛知県岡崎市薮田1-18-4

0120-989-270
営業時間8:00〜18:00  年中無休

塗装屋ブログ

屋根の点検

『塗装できない屋根』とリフォーム方法

2022.01.17 2022.04.07
塗装屋ブログ

塗装できない屋根があることをご存知ですか?

屋根には、塗装できる屋根とできない屋根があることをご存知でしょうか?あまり住宅に詳しくない人には塗装できない屋根があるのをご存知ないという方も多いと思います。いざ屋根塗装をお願いしようと思ったら塗装できないと言われるなどのトラブルにあわないためにも、自分の家の屋根が塗装できるのか。できない場合はどうすればいいのかなどを事前に知っておくといいでしょう。

塗装できない屋根の種類

①日本瓦の屋根

日本家屋に広く使われている日本瓦。耐久性も高く、長く使えるのが魅力ですが、この日本瓦も塗装できない屋根の一つとなります。その理由は、瓦は耐水性が非常に高いので塗料が吸着せず、弾いてしまうためです。なので、基本的に補修目的での塗装はしないものになります。

注意しなければならないのが、塗装ができないのは日本瓦のみということです。同じく瓦の種類であるセメント瓦、モニエル瓦には定期的な塗り替えが必要です。これらはセメントでできており、経年劣化で塗料が薄くなってくると雨水をどんどん吸収します。雨水がセメントのカルシウムを含み漏れ出してしまい、瓦の強度がどんどん下がってしまうのです。塗装をせずに放置していると、瓦にヒビが入ったり、割れるなどの重大なトラブルに繋がります。

②ニチハのパミール

ニチハのパミールという屋根材も塗装ができない屋根材です。パミールはニチハから販売されていたスレート屋根材ですが、10年ほど経つとスレート先から劣化し、ミルフィールのように剥がれてしまう事象が見られるのです。そのため、例え塗装しても劣化自体を止めることはできないので、あまり効果がないというわけです。

もしご自宅の屋根がスレート屋根であれば、パミールではないかを一度確認することをお勧めします。

③劣化の激しい屋根

屋根材の剥がれや割れがあるなど劣化の激しい屋根は、塗料を塗ったとしても大きな効果は見込めません。そもそもの屋根材が劣化しているので、たとえ塗料を塗ったとしても屋根材自体の劣化を止めることはできないからです。このような場合は下手に延命処置をせず、屋根葺き替え工事を行い、屋根を新しいものに変えることをお勧めします。

④塗装の剥がれた屋根

塗装がはがれてしまったから、新しく塗装し直さなきゃ!そう思って塗装依頼をして来られるお客様は多くいらっしゃいますが、塗装が剥がれた屋根にそのまま塗料を重ねるのは間違いなのです。屋根塗装は、表面を高圧洗浄し、下地を塗った上に塗料を塗ることで最大限効果を発揮します。例え無理矢理古い塗料の上から塗料を塗り重ねても、数年しか持たず、また工事をすることになってしまいます。

余計な出費と手間をかけるだけになってしまうので、剥がれた塗料の上から塗料を塗り重ねるというのはあまりいい方法とは言えません。

塗装の剥がれてしまった屋根をリフォームする方法としては、その上に新たな屋根材を載せるか、屋根自体を取り替える葺き替え工事の2つの方法のどちらかをとることが一般的です。

塗装できない屋根のリフォーム方法

では、塗装できない屋根に当てはまる場合はどうしたらいいのでしょうか?

①屋根葺き替え

一つ目の方法としては、屋根葺き替え工事といって屋根を新しいものに取り替えるものです。今ある古い屋根材を撤去し、代わりに新しいものを取り付けるので塗装と比べると大掛かりな工事となってしまいます。

しかし、多くの利点もある工事方法です。丸々新しい屋根に変えるので、表面だけではわからないような劣化によるマイナートラブルも一気に解消することができます。料金的にも長い目で見たら葺き替えの方が安く済む場合も多いのです。長い間屋根のメンテナンスをしていなかったという場合、屋根の劣化がひどい場合にはこちらの方法をお勧めします!

→屋根葺き替え工事についてはこちら

②屋根カバー工事

もう一つの方法としては、屋根カバー工事があります。屋根を丸ごと取り替える屋根葺き替え工事と比べると安価かつ手軽に施工することができるのが利点です。

ただ、既存の屋根にそのまま新しい屋根材を被せることになるので、元の屋根の下地部分が劣化し過ぎていると施工できない可能性があります。結局後で葺き替えが必要になってしまうと二重に料金が発生してしまい大きく損をする可能性があるので注意が必要です。屋根カバーをご検討している方はその点踏まえてぜひ一度無料診断をご依頼いただければと思います。

→屋根カバー工事についてはこちら

まとめ

屋根材には塗装できない屋根と塗装できる屋根があることをご紹介しました。素人ではわからない部分も多くあると思います。川口塗装では、無料でお客様のお宅に伺い、屋根の点検を実施させていただきます。出張費、相談費は一切いただいておらず、また無料点検したからといって強引に営業することもありません!気軽にご連絡・ご相談いただければと思います。

お見積もりのご依頼・お問い合わせは
お気軽にどうぞ!

関連記事