塗装屋ブログ|岡崎市の外壁塗装・雨漏り修理店【有限会社川口塗装】幸田町・豊田市他対応!

おかげさまで30周年 おかげさまで30周年
川口塗装は令和3年1月で創業30を迎えました。

〒444-2137愛知県岡崎市薮田1-18-4

0120-989-270
営業時間8:00〜18:00  年中無休

塗装屋ブログ

シーリングについて

2022.06.06 2022.06.07
塗装屋ブログ

みなさんこんにちは鈴木です。今日はほとんどの住宅の外壁や窓のサッシ廻りに使われているシーリングについて書いていきます。

シーリングとは

シーリング(コーキング)はボード同士のつなぎ目の止水や窓廻りの止水に用いられ、クッション材としての役割もあります。シーリングは紫外線に弱く、新築時はむき出し状態になるため劣化が進行しやすい箇所になります。シーリングは紫外線にさらされると、柔らかさを保つ可塑剤が抜けていってしまうため、クッション材の役割をはたせずに割れや破断などを引き起こします。

シーリングの劣化

実際にどのような劣化を引き起こすか例を見てみましょう。

この画像のようにどちらか一方が離れてしまう劣化はあまり良い劣化ではありません。シーリングを施工する際にプライマー(下塗り)の塗布不足によってボードに密着せず剥がれてしまっている状態です。

一方で、真ん中からひび割れるように割れているものは、しっかりとシーリングがクッションやつなぎ目の止水の役割を果たしていたことがわかるので、劣化はしているが良い状態と言えます。

シーリングが劣化している状態だと、サイディングボードのつなぎ目が止水されていない為、水を吸い込み外壁の劣化が進行する原因となります。また、外壁塗装を行う場合は古いシーリングを撤去し新しいものを充填する打ち替えが鉄則になります。

外壁塗装を行う際には、高圧洗浄やシーリングの打ち替えなどの下処理をきちんと行うことが大切になります。

⇩外壁塗装の大まかな流れや作業内容について興味のある方はこちらをご覧ください⇩

お見積もりのご依頼・お問い合わせは
お気軽にどうぞ!

関連記事